幸せになるために

幸せの意味を考える。

幸せになる為には、幸せの意味を考える。

幸せとは、人によって感じる事が違います。同じで出来事でも幸せを感じると感じない人と分かれます。その違いは、その人の考え方の違いだけです。

自分にとって何が起きれば幸せと思えるかを考え下さい。

幸せへの小さな目標を設定する。

自分の中での幸せの意味が見つけられたら次に幸せの道筋を立てて下さい。その幸せまでも小さな目標を時間制限にして決めて下さい。例えば、結婚相手を3年以内に探す為に、今月中に5人の人と新たな出会いをする。など達成までの小さな目標を設定して下さい。

幸せになりたいという強い意識を持ち続ける。

幸せになりたいと、人一倍思ってください。幸せは、何もしないとやってきません。幸せという目標に向かって毎日を日々、一生懸命に生きて下さい。今からでも遅くない、やらなければ幸せはやってきません。

幸せを感じる為に忘れる事

幸せの一つに達成感がある。

達成感は、幸せの中の1つです。達成感を味わうために必要なものは、努力です。簡単にできるものは達成感がありません。努力をして時間をかけたもので評価されたりする事が達成感になります。達成感で幸せを感じる為になんでも、がむしゃらにやって下さい。

困難をすればする程、幸せは訪れる。

困難な事にチャレンジし、達成する事に大きな達成感が得られる。困難にどんどんチャレンジをしてみる事が必要です。「とりあえずやってみる」事が大事です。やってみる事は簡単ですが、困難になるのは先にある継続です。継続をできるだけ簡単にする為に予定を立てて下さい。何時にこれをやる、やるべき環境になった場合に必ずする事。またすぐに取り掛かれるような準備もしておくと継続が簡単になります。それを乗り越えれば大きな幸せがあなたに訪れます。

何でも楽しもうとする事。

プライベートでも仕事も楽しみましょう。それも精一杯で。楽しい事も幸せと感じる中の一つです。精一杯する事で楽しさも倍増します。どうせするのだったら、ダラダラせずに精一杯する方がいいですよ。どうせやるんですから、ダラダラせずに楽しみながらする事。

自分をコントロールする

幸せを感じれない人は幸せを感じるよう頭をコントロールする必要があります。自分自身が幸せを感じれない人や幸せでない人と思っているから幸せでないのです。幸せはいつでもどでもあります。幸せを感じる為には、自分自身が幸せであるという気持ちが大事です。他人と比較をせず自分自身の事だけを考えて下さい。幸せは生活する上でたくさんあります。

小さい幸せの積み重ね

幸せを感じるのは自分自身

幸せを感じている人と幸せを感じれてない人の違いは、考えだけである。幸せを感じれる人は、あなたの生活でも幸せを感じているでしょう。ただ単に幸せを感じる思考であるかないかだけの問題です。おもいきって友人などに幸せ?って質問をしてみるものいいでしょう。幸せな思考の人から学ぶ事も幸せの思考の第一歩です。

ふとした出来事でも幸せに思う。

目で見るもの、匂いで感じるもの、味覚で感じるもの、触って感じるもの、耳で聞こえるもの、与えたれた五感でふとした出来事でも幸せを感じるよう意識下さい。

小さい幸せを積み上げる事

幸せをどれだけの時間を人生という時間の中で埋め付くす事が大事です。小さい事でも幸せを感じて下さい。当たり前と思っているいる事は、当たり前ではないです。毎日に感謝して幸せを感じて下さい。

幸せに暮らしている事を当たり前と思わない事

家があった、インターネットもしている、その環境は幸せな暮らしです。その環境で幸せと思えない人は行動しなければなりません。行動が新しい未来を変えるのです。なにもしなければ、当然なにも始まりません。

幸せを感じる練習

スポンサーリンク
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする