クレジットカードの現金化の違法性

クレジットカードで現金化をする場合の違法性について

クレジットカードには、ショッピング枠をキャッシング枠の2つの枠が用意されています。ここでは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行う方法の違法性について説明します。クレジットカードのショッピング枠でモノを購入してから売却するという方法は、違法性はありません。但し、クレジット会社の規約違反にはなります。

違法性のあるクジットカードの現金化業者とは?

違法性のあるクレジットの現金化業者ですが、その業者で扱っているモノの価値によって違法かどうかが決まります。ショッピング枠で購入をしてもらい、現金化をする方法が多いです。違法となる現金化業者の手法としては、価値のないものをクレジットカードで決済させるような業者です。商品券など、世間的に価値があると認めらているものは違法とならないです。

クレジットカードの現金化には注意

クレジットカードの現金化をする際に注意をしておかないといけない事は、買取のレートや自身のクレジットカードの金利でし。クレジットカードの金利は15%~17%ぐらいあります。クレジットカードの現金化で利用した分のレートから引かれる手数料、金利などを計算して下さい。かなりの出費となります。

クレジットカードと携帯電話で現金化をするのはどっちが得か?

レートだけを見ればクレジットカードの方がレートは高いです。ただし、分割の支払となるとクレジットカードで現金化を行うより携帯電話で現金にされる方がよいと思います。携帯電話であれば日常で使用しており支払いもしないといけない状態になりますので、現金化に使用した金額もきっちり把握でき使用できるかと思います。