携帯電話、現金化業者利益について

現金化業者の利益を予想

携帯電話や他の現金化業者の利益について考察。携帯電話やスマホの現金化業者の買取率(換金)は70%~80%です。現金化業者のサービス内容は即日に現金を支払するというサービスです。例えば1万をユーザーから、の現金化の申し込みを受けた場合に、7000円を支払いする。簡単に考えれば携帯電話の業者の利益は3000円になる。但し、取扱の商品によるが1万円のものを1万円で換金する事ができない。その場合に、換金が90%~95%で売却を行った場合に粗利益としては2000~2500円。

法人や個人字事業主の場合の税金を考える。

現金化業者が増えている中で、個人授業の方や、法人で事業している方もいると思われる。法人事業の場合は、かなりの金額を動かしている場合に税金の対策がやりやすくなる。法人の会社にしている現金化業者は相当な利益を出していると思われる。個人事業の現金化業者は、ある程度、取り扱う現金も法人の会社よりも少なく、業務面においても少人数で業務する事が可能な会社と言える。

現金化業者の利益との休み

利用できる金額の取扱が少ない場合の現金化業者の利益は、税金面などの支払い等も考えると、10~15万円台が多いのではないかと思われます。ユーザーが少ないと時間が作りやすいとは思いますが、完全な丸一日の休みが取れないので利益との割りに会った仕事はいいにくいです。

PAGE TOP